2010年12月25日

ささやかすぎる…?

スポーツクラブでチョコをもらった…
昨日届いた漫画の表紙がクリスマス柄(イエスとブッダが主人公)

聖☆おにいさん
聖☆おにいさん posted by (C)BEE.

ケーキは明日食べようかな^^
posted by BEE at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ マンガとか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

天体戦士サンレッドからの料理

また「サンレッド」ネタですが


天体戦士サンレッド(2)


サンレッドが初めて食べたヴァンプ将軍の手料理が
「イカと大根を炊いてみたの」で、
それを読むたびに食べたくなりまして
季節的にもイカと大根が旬で安いので作ってみました

大根とイカの煮物
大根とイカの煮物 posted by (C)BEE.

大根を煮過ぎてしまったのと
イカは最後に足したんですが時間をかけ過ぎたのか硬い
それとももっと煮込むべきなのか…
タレがもうちょっとトロッとすると良いのですが



これは失敗しない!
「ヴァンプ将軍のサッと一品」から
玉ネギをチンした「丸ごと玉チン」
夜食にぴったりです☆ね
丸ごと玉チン
丸ごと玉チン posted by (C)BEE.
posted by BEE at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ マンガとか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

天才のワザに久しぶりに感動



私が若かりし頃に読んだ人気作家の
「天才三人衆」と私が勝手に思っているのは

川原泉、道原かつみ、そして明智抄。

で、川原泉氏のほとんどの作品と、
道原かつみ氏の「JOKERシリーズ」は手元にあるのですが
明智抄氏だけまったく本棚に残っていませんでした


んで、久しぶりに明智抄の作品をあちこち探して
入手してまとめ読みしてみました。
新品だと買えないものもあって
全巻揃わないので、ブックオフやヤフオクやアマゾンで…。


サンプルキティ、砂漠の風、死神の惑星の3部作は
SF的なお話です。






で、始末人シリーズをちょっと読み始めて、
「やっぱ天才だわ…」


始末人シリーズは文庫で5冊になってますが
全部はもうそろいにくいかも知れませんが
一話完結なので1冊だけでも楽しめるのではないでしょうか

「小鳥さん」の活躍を「なつかし〜ぃい!」と思う皆様!
もう一度、読み直してみてはいかがですか^^


posted by BEE at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ マンガとか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

天体戦士サンレッド


「天体戦士サンレッド」というのは
悪と正義が川崎あたりで戦うマンガです…

コミックスには、なぜか悪の組織「フロシャイム」の
将軍、ヴァンプさんのお手軽一品料理が紹介されており
思わず作ったのが下のタコ入りお好み焼き風オムレツです


タコオムレツ
タコオムレツ posted by (C)BEE.


たしかタコオムレツは5巻くらいに
掲載されていた記憶が


天体戦士サンレッド(5)

マンガも面白いです
「聖☆おにいさん」なんか好きな人は
これも好きなんじゃないかしら…
絵の雰囲気はだいぶ違いますけど
なんか暮らし方が同じ(笑)
posted by BEE at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ マンガとか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

それでも町は廻っている

最近は本屋さんに行かず、もっぱら通販でコミックを購入しているため
知らない作家の知らない作品というのと出会う機会がありません

今日は歯医者に行ったところ「今日は処置しない」とのこと
思わず早く終わってしまったので駅前の本屋に立寄ってみました

そうしたら案の定、面白そうな漫画にすぐに行き当たりました

一番奥の方の棚に平積みしてあったコミック、
「それでも町は廻っている」石黒正数(少年画報社)です


それでも町は廻っている(1)



帯に「ついにアニメ化決定!」とあるので
認知度の高い、人気のある漫画なのでしょう。
まあ、それだけだったら買わないのですが、

「「それ町」の世界、あの質感がアニメーションになるのだ」
とか
「まさかアニメ化なんて珍事が起きるとは。
これも地球温暖化のせいでしょうか」などと書いてあるので
ヒネクレ心が刺激されて、つい購入してしまいました^^



でも当りでした〜!!!

わはは。面白いです。
他の漫画と比べるのは作者さんにはうれしくないかと思いますが
「のだめ」の1巻を読んだ時くらい「当りだっ!」と思いました

主人公は近所のおばあさんが個人営業している、
「メイド喫茶」(おばあさんもメイド)でアルバイトしています

よく言うのは「それでも地球は…」なんでしょうけど、
あくまでも「町」なんですよね〜
特に何が起きるわけでもないのですが、それが何でこんなに面白いのか。

大変気に入りました。
大人買いですが、6巻までしか売ってなかった!
7巻も出ているのに。最新刊は売り切れてしまったのかな。
posted by BEE at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ├ マンガとか本とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。